Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/functions.php on line 74
ひきこもっている子供を前向きにさせたのは僕が○○したから | 藤江正直のペップトーク道

   

ひきこもっている子供を前向きにさせたのは僕が○○したから

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/single.php on line 54
信頼

かつて僕の娘は不登校でひきこもりでした

そんな娘をなんとかしようと色々な本を読んだり

セミナーに行ったり、カウンセリングを受けさせたり

あらゆる事を試してもなかなか上手くいきませんでした

「どうすればいいんだ・・・。」

途方に暮れていたときに

出会ったのがペップトークでした

このペップトークを学び、実践していったことが

娘の状態を良くしていったのです

前向きな言葉のかけ方

ものごとをポジティブに捉えかた

これらがとても有効だったのですが

ペップトークの中身の他にもう一つ大切なことあったのです

今日はそのことについて書かせていただきますね

 

変わらないあいつが悪い

 

ひきこもりだった娘に対し

学校に行きたくないのは自分がさぼりたいからだろう!

とか

そんなにだらだらした生活をしていて大人になったらどうするんだ!

など怒ったり、怒鳴ったりという対応しかできていなかった僕

その後、本やセミナーから得た知識で

怒るのはやめて

優しくしてみたり

おだててみたり・・・

でも娘は一向に変わらない

すると

「これだけ、俺は親として努力しているのに何であいつは変わらないんだ!」

「変わらないあいつが悪い!」

とイライラしだし

そのうちまた怒鳴ってしまう

こんな事を繰り返していました

 

相手も目で見て、耳で聞いて、心で感じる

 

そんな状態に変化が起こったのは

ペップトークで学んだ

「相手の状況を受けとめる」

コーチング(アドラー心理学)で学んだ

「相手の目で見て、耳で聞いて、心で感じる」

という事について深く考え少しづつ実践できるようになったからでした

 

相手の状況をうけとめる

 

ペップトークとは

相手をやる気にさせる前向きな言葉がけ

そしてその言葉によって相手の行動を促す

というものなのですが

だたポジティブな言葉をかければ良いというものではありません

励まそうと思っている相手は今どんな状況の中にいるのか?

どんな想いをしているのか?

それを推し測ったうえで前向きな言葉をかける

これがペップトークの本質だと気づいたのでした

 

相手の目で見て、耳で聞いて、心で感じる

 

「相手の状況を受けとめる」ために役に立ったのは

アドラー心理学で学んだ

「相手の目で見て、耳で聞いて、心で感じる」

でした

どういうことかと言うと

例えば子供が

「クラスに嫌な子がいるから学校に行きたくない。」

と言ったとしたら

学校に行ったとしたら何か嫌なことが起こる(と思っている)

から「行きたくない」んですよね?

でも親にはそれはわからない

そこを子供の目で見て、耳で聞いて、心で感じる

という事をします

具体的には

教室に入った時に中はどんな感じで

誰がいて、どんな表情をしているのか?

そしてどんな声が聞こえてくるのか?

それらを見たり聞いたりした時に子供はどんな気持ちになるのか?

 

教室に入ったら嫌な子がいるグループがいる

その子達がいっせいに自分の方を見て

何かこそこそ話して笑っている

「ああ、また何か自分の悪口を言ってるんだ。」

その時に出てくる感情は

悲しい、辛い、孤独、恐怖

 

このような事を感じてあげることができたら

行きたくないという真の理由も分かってくるでしょうし

子供に対する対応も変わってくるのではないでしょうか?

 

親が変わったから子供は変わった

 

こういう事を理解し、できるようになるまでは

時間がかかりました

でもこれができるようになってから

怒る、怒鳴る、脅す

という関わりから

まず子供の話を聞くという関わりにかわりました

すると話をしっかり聞いてあげるだけでも

子供との関係が良くなり

色んな話ができるようになりました

そして少しづつ勇気づける言葉をかけていくうちに

子供は元気が出て、前向きな発言もするようになってきたのです

 

このような過程を振り返ると一番のポイントは

僕の考え方や物事のとらえ方が変わったこと

これがあったから子供も変わってくれたのでしょう

逆に、変わらず怒る、怒鳴る、脅すということを

続けていたら今の娘の状態はなかったと思います

 

あなたの子供さんが引きこもっている

子供との関係性が良くない

こんな時はあなたが変わることで状況が変わるかもしれません

何を変えたらいいの?

という方は僕にご相談ください

 

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました

良かったらあなたの感想や質問、使ってみての結果なども教えて下さいね

このブログを読んで下さった方が少しでも元気がでたり

勇気を持てるようになっていただければいいなという想いで書いています

あなたの周りで

・自分に自信が持てない

・コミュニケーションが苦手

・ものごとをついネガティブに捉えてしまう・・・

などで悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

https://masanao-fujie.com/

メンタルコーチ ペップトーク講師 藤江正直

 

ただ今コーチングの体験セッションキャンペーンをしています

今回このブログを読んで下さった方限定で

通常60分5000円の体験セッションを

2000円でさせていただきます

興味のある方はこちらよりご連絡ください

 

藤江が開催する次回のペップトークセミナーは

12月16日(土)体験会

12月23日(土)セルフペップトークです

詳しくはこちらのページ

からお願いします

 

メンタルコーチングを受けて前向きに進んでいきたい方

こちらをどうぞ

自分自身や周りを勇気づけるペップトークセミナーを受けたい方

こちらをどうぞ

自分自身もしくは家族がひきこもりで悩んでいるという方

こちらをご覧になってください

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -