Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/functions.php on line 74
相手が前向きに動きたくなる伝え方とは? | 藤江正直のペップトーク道

   

相手が前向きに動きたくなる伝え方とは?

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/single.php on line 54
ダメ出し 怒る

こんにちは

前回は

ダメ出しより「良いところ」を伝えると相手はは変わる

という記事を書かせていただきました

今日はその続きと

具体的な伝え方について書かせていただきますね

 

そのダメ出しが相手をダメにしてしまう可能性

 

今日はまずどうしてダメ出しが良くないのか?

というところから

 

人間の脳には間違ったことをした時にそれを自動的に教えてくれる

という機能が備わっています

ところが脳がストレスを感じる状態

(叱責される、否定されるなどの状態が続く)

になるとその機能が働きにくくなってしまうんです

仕事であれ家事であれ遊びであれ

何か間違ったことをした時に

「あれ?なんかおかしいぞ?」って感じることがあるじゃないですか

いつもと違う違和感のようなもの

そこで立ち止まって考えて

「そうだ、そうだこうではなかったよね。」

と間違いに気づく

あの感覚です

あれがあるから人は感覚的に間違いを回避できるのですが

その機能が働かなくなったらどうなるか?

なーんでもないような簡単な事でミスをしてしまう

何で間違えたのか自分でもわからない

こんな状態に陥ってしまうのです

ですから

「あなたのこういう所がダメなんだよ!」

「こんな事もできないようなら次も失敗するよ。」

こういった言葉がけは相手のミスを助長してしまう

可能性があります

 

失敗することをイメトレさせてしまう

 

もう一つ

成功するためや上手くいくために

イメージトレーニングをすると良いということを

聞いたことがある方は多いと思います

スポーツ選手やビジネスの世界でも

取り入れている人が多いですね

これが声のかけ方によっては失敗する為の

イメトレをさせてしまうことがあるのです

 

ダメ出しをされる事で多くの人は

「次は失敗してはいけない!」

という感覚にとらわれてしまいます

プレッシャーというやつですね

すると次にしようとした時に脳に残るのは

「失敗」「ミス」

などのキーワード

これらが脳にあると脳は

失敗するシーンや

ミスして怒られるシーンをイメージしてしまうのです

脳は思い描いたものや事が実現するように

体を動かそうとしますので

この場合は失敗する為のイメトレをしてしまっていることになります

 

力みをひきおこす

 

更にミスを避けようという想いが強すぎることで

極度に緊張して体が硬くなってしまう

いわゆる「力んでいる」状態になってしまい

普段ならできていることができなくなってしまう

という事もあります

 

ダメ出しをされると

ミスを検知する機能がはたらきにくくなる

失敗してはいけないというとらわれが失敗をイメージさせる

力みをうんでしまう

以上のような理由からダメ出しはおすすめできないのです

 

出来ているところを伝え、問いかける

 

では具体的どうすればいいのか?

うまくいった時はもちろん、上手くいかなかった時も

相手の出来ている部分を伝える

そしてしてはいけないことや

なってほしい姿ではなく

してほしいこと

なってほしい未来の状態を伝える

 

例えば子供の部活

ここではテニスの試合でサーブが入らなかったことで

試合に負けたとしましょう

あんなにサーブが入らなければ勝てるわけないだろ!何で入れることができないんだ!!

よりも

前半はサーブしっかり打てていたし、入っていたよね。あの状態が最後まで続けば勝てるんだけど、そうなるためにはどうしたらいいと思う?

 

前半までは良かったよね。それを最後まで続けるために○○と△△ができていれば良かったと思うんだけど君はどう思う?

 

このように出来ているところを認めて、伝える

そしてさらに望む結果になるために

どうしたらいいのか問いかける

押し付けではなくこちらから提案する

 

こうすることで相手の

自尊心や、自己肯定感というものが必要以上に

下がらないようにして

望む状態になるために自分は何をすればいいのか?

という事を自ら考えるようになります

これが

相手のやる気と行動を引き出す声のかけ方

になります

 

是非試してみて下さいね

 

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました

良かったらあなたの感想や質問使ってみての結果なども教えて下さいね

このブログを読んで下さった方が少しでも元気がでたり勇気を持てるようになっていただければいいなという想いで書いています

あなたの周りで

・自分に自信が持てない

・コミュニケーションが苦手

・ものごとをついネガティブに捉えてしまう・・・

などで悩んでおられる方にこのブログをご紹介下さい

下記のURLをコピー/貼り付けしてLINEやメールで送っていただくと見ることができます。

https://masanao-fujie.com/

メンタルコーチ ペップトーク講師 藤江正直

 

藤江が開催する次回のペップトークセミナーは

5月13日(日)セルフペップトーク

6月 9日(土)体験会

6月17日(日)セルフペップトーク

6月24日(日)ゴールペップトークです

 

詳しくはこちらのページ

からお願いします

 

メンタルコーチングを受けて前向きに進んでいきたい方

こちらをどうぞ

自分自身や周りを勇気づけるペップトークセミナーを受けたい方

こちらをどうぞ

自分自身もしくは家族がひきこもりで悩んでいるという方

こちらをご覧になってください

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -