Warning: Use of undefined constant ‘thumb240’ - assumed '‘thumb240’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/functions.php on line 74
仕事が楽しくないと感じているあなたへ | 藤江正直のペップトーク道

   

仕事が楽しくないと感じているあなたへ

 

Warning: Use of undefined constant full - assumed 'full' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/masanao/masanao-fujie.com/public_html/wp-content/themes/elephant/single.php on line 54
仕事、楽しくない

「仕事」というものをどのように捉えているのか?

どのような考えをもって仕事をするのかによって

モチベーションや、やりがい、成果は変わってきます

その人自身の楽しさや充実感も変わってきます

例えば

ああ、また1日が始まる。嫌だなぁ。

仕事行きたくないけど、休む訳にはいかないしなぁ。

さぁ頑張って稼ぐぞ!

仕事がホントに楽しくてやりがいがあるなぁ。

この仕事は社会にとって必要な事で、少しでも社会を良くするために今日も頑張るぞ!

 

さて、このなかでどの人が一番成果を出しやすいでしょうか?

 

どの人が楽しく仕事をすることが出来ているでしょうか?

 

どの人の考え方が正しいと思いますか?

 

今日はそんな事について考えてみたいと思います

 

考え方の違いに良い、悪いはない

 

まず

それぞれがそれまでに見たり、聞いたことや

してきた体験、例えば

仕事を通して自分が体験したことや

誰かの考え方に影響されたりなど

色んな経験・体験から

「仕事とはこういうもの。」

という考えを持つに至っていて

それに

良い、悪い

はありません

仕事で順調に成果を出している

仕事にやりがいを感じる体験をした

(お客様に感謝されたなど)

職場の環境が良い

このような人は仕事を「楽しいもの」として捉える事ができます

 

それまでの体験、経験が考え方をつくる

 

一方、仕事で成果を出せない

上司に怒られてばかり

職場の人間関係が良くない

などの体験を重ねた人は仕事に対して

「楽しくないもの」という捉え方をしやすいです

それ以外にも

例えば子供の時に親が

雨の日は

「なんで、こんな雨の日に仕事に行かなきゃならないんだ!」

晴れたら

「なんでこんな天気のいい日に仕事に行かなきゃならないんだ!」

と愚痴っているのを聞いて育ったら

「ああ、仕事っていうのはそんなに嫌なもので

でも我慢して行かなきゃいけないものなんだ」

と思う子供もいるでしょう

逆に

「私はあんなにつまらなそうに仕事をする大人に

なりたくない。」

と思う子供もいるかもしれません

このように自分が体験してきたことの中から

仕事とはこういうものなんだ

という考え、認識を持ちます

 

では

両者の違いはどこから生まれるのでしょうか?

 

同じ職場で同じ仕事をしていても

「この仕事は人からすごく感謝してもらえてやりがいがあるなぁ。」

と思う人がいれば

「忙しいし、残業が多いわりに給料少なくてもう嫌だ!」

と思う人もいます

どうして違いがでてくるのでしょうか?

 

繰り返しになりますが

先の例の親にしても

仕事を嫌な事として捉えたり

親のようになりたくないと捉える子供も

やりがいがあると感じる人も

嫌だ!と感じる人も

良い、悪いはありません

 

幸、不幸はどこにフォーカスを当てるかによって変わる

 

「仕事」というものに対する見方、捉え方

どこにフォーカスを当てて見てるのかが違うだけなのです

この

どこにフォーカスを当てるのか?

というのがとても大切で

それにより

やりがいをもってイキイキ仕事ができる人と(志事)

嫌々ながら仕方なしにする人(死事)の違いが生まれてきます

 

ではこのものの見方、捉え方は一生変えることはできないのでしょうか?

例えば周りの人が注意したり

指摘したらどうでしょう?

「そんな見方をしているあなたが悪いんだ。」

とか

「お前がそんな考え方しているから仕事が楽しくないんだよ。」

と言われたら・・・

 

その人にすごく響く場合もありますが

「私の見方が悪いからなんだ・・・」

と落ち込んで自分を責めたり

「そんなわけないだろ!仕事内容が悪い!上司が悪い!同僚が悪い!・・・」

などと反発を招く場合も多々あります

 

ものの見方は変えることができる

 

ではどのようにすればいいのか?

 

それは自分で自分の考え方、物事の見方のくせ

に気づくことができて

違うものの見方を体験する事ができれば変えることができます

えっ?何それ?ですよね

例えば

仕事に行かなきゃ。また嫌な1日が始まるなぁ。

という人に

 

じゃあどんな仕事だったたらいい気分で一日のスタートが切れそう?

えーっと、なんか仕事に行くのがワクワクしていたらいい感じかも。

ワクワクっていうのは?

あー、でも仕事でワクワクなんてしたことないし・・・。

じゃあ仕事以外でも今までにワクワクしたことは? 

そうだなぁ、高校の時のバスケの試合前かなぁ。 

そうなんですねー。じゃあ、ちょっとその時の事を思い出してみてください。

試合の前、何にワクワクしたんでしょう?

うーん、それまでに練習してきた新しいフォーメーションとかを実際の試合でできることかな。 

新しいフォーメーションとかを実際の試合でできることなんですね。それの何が良かったんでしょうか?

なんか新しいことにチャレンジできる事にワクワクしてました。 

いいですねー、新しいことにチャレンジできる事にワクワクするんですね! 

そっかー、新しいことにチャレンジする感覚忘れてたなぁ。

じゃあ、その 新しいことにチャレンジする感覚を今の仕事の中で得らえるとしたらどんな事をすれば良さそうですか?

 

このやり取りでは

まず自分にとって良い感覚

この場合「ワクワク感」ということから

どんな時にそのワクワク感を感じるかを探しました

この人の場合は

新しい事にチャレンジするというものでした

これがその人が大切にしている

「価値観」というものになります

人は自分の価値観と合致していることに対しては

モチベーションが上がり意欲的に取り組むことができます

 

それを知る為には上の例のように質問されることによって

自らの中から答えが出てくることが理想的です

 

正解(かもしれない事)を押し付けられるよりも

あなたの価値観を探すことにフォーカスをあてた質問をして

考えてもらう事で自分で気づく

自分の中から出てきた答えだから腑に落ちる

モチベーションが上がり結果に結びつきやすくなります

 

さて、あなたは楽しく幸せに仕事ができていますか?

あなたのモチベーションの源は何でしょう?

良かったら一度考えてみて下さい

1人じゃできないよ!という方は僕がお手伝いしますよ

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -